2016-04-30

” 寂 た る 帰 航 ” 発 売 中 


打楽器奏者/ガムラン奏者によるピアノ作品


岩本象一/寂たる帰航





本作品はプロデューサー木太聡氏(ピアニスト)の熱望により実現しました。
どのような楽器でも西洋規範に囚われず、独特の解釈で演奏する私の音を作品に残したいという事でした。
録音の際には、木太氏の漂泊という断片的イメージ(全タイトルは彼が命名)に合わせ
ピアノやガットギター、ガムラン楽器などを即興的に奏でました。
そして出来上がった音からイメージを膨らませていったものが各曲に割り当てられた詩集へと繋がっていきました。
そして装丁は軸原ヨウスケ氏(グラフィックデザイナー)に本作品の制作過程をしっかり汲み取ってもらい共同作業でつくりあげました。予めゴールを設定することなくつくられていったデザインはまことに漂泊の旅のようでありました。
寂たる帰航というテーマは、かつて南国の灼熱に浮かされながらも最終的に日本へと引き寄せられていった私に強く重なります。旅は私を形成する大きな要因であり、自分自身の立脚点を見つめ直す契機となりました。
本作品はそういった内面へと向かう航海の記録なのかもしれません。
長くなりましたが、そんな事を少しでも頭の片隅に寂たる帰航を手に取って頂ければ幸いです。


では中身を少し紹介します。








コートボール紙のブックカバーに銀色で”寂たる帰航”と印刷されています。
特別な銀色塗料で色が濃く
光の加減により表情が違います。
控えめなようでいてしっかりと主張しています。
背文字、裏面も同色です。




CDケースと盤面








































詩集内部を紹介。

外観が、黒、グレー、など暗めの色だったのに対して
中身は頁を繰るたびに
ハッとするような鮮やかな色が目に飛び込んできます。
文字色も黒以外の銀色や赤色などを使用。







































スキャンされた様々なオブジェ達が生々しく各頁に息づいています。





































CD(21曲入り インストゥルメンタル作品)+48頁詩集
本体 2200円(税抜き)



ご興味のある方は
こちらまでご連絡ください。
ohanaganagainone@gmail.com






No comments:

Post a Comment